« キヤノン RF24-70mm F2.8 L IS USM | Top Page | キヤノン,RF70-200mm F2.8 L IS USM ファームウェア Version 1.1.1 をリリース »

July 29, 2022

キヤノン,EOS R3 ファームウェア Version 1.2.1 をリリース

不具合のあった Ver 1.2.0 の修正版が来ました。下記 1.~14. の内容は Version1.2.0 の変更と同一、15. は新ファームウエア Version1.2.1 の変更です。

EOS R3 ファームウェア Version 1.2.1

このファームウエアの変更 (Version 1.2.1) は以下の機能向上と修正を盛り込んでいます。

  1. ドライブモードに『カスタム高速連続撮影』を追加しました。約195~30コマ/秒の速度で、50~2枚の画像を連続撮影できます。ファームアップ後に本機能を使用する際は、カスタム機能の[ドライブモードの限定]の画面で[カスタム高速連続撮影]にチェックを付けてください。
  2. 『ハイフレームレート』に『FHD 239.76fps/200.00fps』を追加しました。
  3. 『フォーカスBKT』撮影時に『深度合成』ができるようになりました。また、ストロボ(スピードライト EL-1など)を併用したフォーカスBKT撮影や深度合成撮影ができるようになりました。
  4. タイムラプス動画が撮影できるようになりました。なお、タイムラプス動画撮影を開始する前にオートパワーオフ状態になっても、タイムラプス動画の設定が保持されます。
  5. クラウドRAW現像機能を追加しました。最新の画像処理技術でRAW現像ができます。Canon Imaging App Service Plansのプラン購入が必要な有償サービスとなり、サービス開始は7月25日になります。
  6. 複数枚のHEIF画像を、まとめてJPEG画像に変換できるようになりました。
  7. [操作ボタンカスタマイズ]に[静止画クロップ/アスペクト]を追加しました。割り当てたボタンでクロップ/アスペクトの切り換えができます。
  8. FTPサーバーへの画像転送中にトリミング、リサイズができるようになりました。
  9. 802.1X認証/WPA2-Enterprise機能において、証明書フォーマット PKCS#12 に対応しました。
  10. メカシャッター、電子先幕設定時に、電子シャッター音を鳴らすことができるようにしました。
  11. 動画電子ISを使用した動画撮影時に、画面周辺のブレ(歪み)の低減を図りました。広角レンズを使用した自撮りや歩き撮りなどで、映像が安定します。
  12. 静止画撮影時のメニューに[自動電源オフ温度:標準/高]を追加しました。
  13. 撮影画面表示設定を「なめらかさ優先」に設定していると、稀にErr70が発生することがある現象を修正しました。
  14. 軽微な不具合を修正しました。
  15. ファームウエアVersion 1.2.0にアップデート後、『工場出荷時初期化』を実行すると、一部の撮影設定が保存されない現象を修正しました。

#canon #camera #eosr3 #firmware 

 

=======================================================

キヤノン,EOS R3 用 最新ファームウェア Ver1.2.0 の公開を停止

2022年7月26日 7時より,7月22日にリリースされた EOS R3 用の最新ファームウェア Ver1.2.0 の公開が停止されています.

v1.2にカメラをアップデート後にリセット(出荷状態に初期化する)すると、モードダイヤルが正しく動作せず、Tv Avなどの切り替えができなくなるとのことだ。 

とりあえず初期化しなければ普通に使えるようですが,キヤノンにはなるべく早く修正版をリリースしてほしいものです.

=======================================================

キヤノン,EOS R3 ファームウェア Version 1.2.0 をリリース

EOS R3 ファームウェア Version 1.2.0

このファームウエアの変更 (Version 1.2.0) は以下の機能向上と修正を盛り込んでいます。

  1. ドライブモードに『カスタム高速連続撮影』を追加しました。約195~30コマ/秒の速度で、50~2枚の画像を連続撮影できます。ファームアップ後に本機能を使用する際は、カスタム機能の[ドライブモードの限定]の画面で[カスタム高速連続撮影]にチェックを付けてください。
  2. 『ハイフレームレート』に『FHD 239.76fps/200.00fps』を追加しました。
  3. 『フォーカスBKT』撮影時に『深度合成』ができるようになりました。また、ストロボ(スピードライト EL-1など)を併用したフォーカスBKT撮影や深度合成撮影ができるようになりました。
  4. タイムラプス動画が撮影できるようになりました。なお、タイムラプス動画撮影を開始する前にオートパワーオフ状態になっても、タイムラプス動画の設定が保持されます。
  5. クラウドRAW現像機能を追加しました。最新の画像処理技術でRAW現像ができます。Canon Imaging App Service Plansのプラン購入が必要な有償サービスとなり、サービス開始は7月25日になります。
  6. 複数枚のHEIF画像を、まとめてJPEG画像に変換できるようになりました。
  7. [操作ボタンカスタマイズ]に[静止画クロップ/アスペクト]を追加しました。割り当てたボタンでクロップ/アスペクトの切り換えができます。
  8. FTPサーバーへの画像転送中にトリミング、リサイズができるようになりました。
  9. 802.1X認証/WPA2-Enterprise機能において、証明書フォーマット PKCS#12 に対応しました。
  10. メカシャッター、電子先幕設定時に、電子シャッター音を鳴らすことができるようにしました。
  11. 動画電子ISを使用した動画撮影時に、画面周辺のブレ(歪み)の低減を図りました。広角レンズを使用した自撮りや歩き撮りなどで、映像が安定します。
  12. 静止画撮影時のメニューに[自動電源オフ温度:標準/高]を追加しました。
  13. 撮影画面表示設定を「なめらかさ優先」に設定していると、稀にErr70が発生することがある現象を修正しました。
  14. 軽微な不具合を修正しました。

#canon #camera #eosr3 #firmware 

 

[カメラ(デジタル)] | Permalink

カメラ(デジタル)」カテゴリの記事

Comment