« キヤノン,「EF 40mm F2.8 STM」の AF 問題対策ファームウェアをリリース | Top Page | キヤノン,フルサイズ小型軽量モデル「EOS 6D」を発表 »

August 28, 2012

キヤノン, EOS-1D X ファームウェア ver.1.0.6 をリリース

更新内容は次の通り(Webサイトより引用)。

  • “AFマイクロアジャストメントの調整” が正しく行えないことがある現象を修正しました。
  • 特定レンズ(※1)と特定エクステンダー(※2)を組み合せて使用した際に、撮影した画像が後ピンになることがある現象を修正しました。
  • 非常に暗い環境(レンズキャップやボディーキャップをした状態を含む)でカメラの電源をONした際に、”エラー80” を表示することがある現象を修正しました。
  • カメラにCFカードを2枚装填し、「記録機能とカード・フォルダーの選択」 で記録方法を “標準” または “カード自動切り替え” の設定で、CFカードを抜き差しすると選択したカードスロット(CFカード)以外になることがある現象を修正しました。
  • 撮影画像の情報の “AFマイクロアジャストメントの調整値” が正しく表示されないことがある現象を修正しました。
  • ワイヤレスファイルトランスミッター WFT-E6 を使用したFTP転送後に “○X” の送信結果の表示を出す様にしました。

※1 EF 70-200mm F2.8L IS II USM または EF200mm F2L IS USM
※2 Extender EF 1.4x III または Extender EF 2x III


■ダウンロードページ
http://cweb.canon.jp/drv-upd/eosd/eos1dx-firm.html

うちで CF に新ファームウェアをコピーして,カメラ単独で ver.1.0.2 → 1.0.6 のアップデートを行いましたが,所要時間は約 7分でした.

[カメラ(デジタル)] | Permalink

カメラ(デジタル)」カテゴリの記事

Comment

コメントを書く