« バッファロー HD-Q2.0TSU2/R5 (2) | Top Page | キヤノン, EOS-1D X ファームウェア ver.1.0.6 をリリース »

August 21, 2012

キヤノン,「EF 40mm F2.8 STM」の AF 問題対策ファームウェアをリリース

”2012年6月発売のEF40mm F2.8 STMにおいて、レンズ鏡筒が押し込まれた場合に「AFが作動しない」現象が発生する可能性があることが分りました。”

対応カメラでは,ユーザーによってファームウェア変更が可能です.幸い EOS-1D X は対応カメラに入っていたので,アップデートしてみました.

ファームウェアファイルを,CF のルートディレクトリにコピーし,メニューからアップデートを選んで,実行するだけです.所要時間は,約1分20秒で完了しました.

EOS用交換レンズ「EF40mm F2.8 STM」をご使用のお客さまへ
http://cweb.canon.jp/e-support/products/eos-d/120808ef40.html

EF40mm F2.8 STM ファームウエア Version 1.2.0 [Windows]
http://cweb.canon.jp/drv-upd/dc/ef40stm-v120-win.html

EF40mm F2.8 STM ファームウエア Version 1.2.0 [Mac OS X]
http://cweb.canon.jp/drv-upd/dc/ef40stm-v120-mac.html

[レンズ(標準&中望遠系)] | Permalink

レンズ(標準&中望遠系)」カテゴリの記事

Comment

コメントを書く