« エプソン,プリンターユーティリティーアップデート | Top Page | キヤノン,“ハイブリッドIS”搭載機「PowerShot S95」を発表 »

June 21, 2010

LPL VL-300C

単3形電池4本で駆動する LED ライトです.
NiMH 電池も使えますが,新品のアルカリ電池に比べれば,少し照度が落ちる感じ.ただ実用上は問題ありません.また調光ボリュームがついているので,光量は 0~100% で調節できます.

ストロボと違い,定常光で撮影できるこの手のライトは,暗い屋内外での撮影では重宝します.撮影用光源として使わなくても手元を照らす明かりとしても Good です(笑)

メーカーの製品ページによると,このライト自体の色温度は 6300K,製品には色温度変換用のフィルタ(4000K)が付いていますが,純粋に色温度だけを変換するというものではなく,一緒に色調も転んでしまうようなものなので,厳密な撮影の際には要注意です.

電池込みの重量が約 250g.作りは少し安っぽい(電池室の蓋が微妙にたわんでいる(^_^;)ですが,ホットシューに付けられるようになっているので,スチール,ムービーともに手軽に使える光源だと思います.

Ai_m20100612d
(モデル:海月あい / EOS-1Ds Mark III, EF50mm F1.4 USM, ISO800, F4.5, 1/25sec, 6300K, DPP3.8.1 にて RAW現像)

上の作例では,このライトをモデルから見て右斜め45度(カメラ位置からは左),水平より少し上方より,当てています.

[レフ板・照明関連] | Permalink

レフ板・照明関連」カテゴリの記事

Comment

コメントを書く