« トランセンド TS8GCF120 | Top Page | キヤノンイメージングシステムテクノロジーズ,画像管理ソフト「MuseViewer Pro」 バージョンアップ »

May 25, 2006

フィルムカメラ開発終了へ キヤノン社長が表明

北海道新聞サイト

 リンク先はすぐ消えるだろうから,全文引用しておきます.

 キヤノンの内田恒二社長は25日、記者会見し、フィルムカメラ事業について「今後は新規開発は難しい」と話し、新製品の開発を終了する方針を明らかにした。既に販売している商品の製造は「需要のある限り続ける」としている。

 フィルムカメラは、デジタルカメラへの買い替えが進んで市場が縮小。今年に入り、ニコンが開発終了を発表したほか、コニカミノルタホールディングスも事業からの撤退を表明した。キヤノンが新規開発をしない方針を打ち出したことで、フィルムカメラの市場縮小は一段と進みそうだ。

 内田社長は「写真印刷の手軽さなどはデジタルカメラの方が上。フィルムカメラ縮小は世の流れだ」とデジタルの利点を強調。その上で「市場の状況をみるが、今後の需要は(マニア層など)特殊なニーズに限られ、新規開発をしても商売として成立しない」と説明した。

 さて開発は終了したわけだが,販売はいつまで続けるのだろう?>キヤノン銀塩1眼レフ

[ニュースカメラ(銀塩)] | Permalink

ニュース」カテゴリの記事

カメラ(銀塩)」カテゴリの記事

Comment

コメントを書く