« エプソン PX-G900 | Top Page | エプソン PX-G900 »

October 20, 2003

エプソン PX-G900

■2週間使ってみて気づいたこと.

 このプリンタは,凄く紙を選びますね.というか,レジン系コーティングのされた紙(純正でいえば"写真用紙(光沢)")で最高の印刷品質が得られるように,ドライバが特化されているようです.

エプソンの純正用紙は,おおざっぱにいうと4段階で構成されていました.上から順に


  • 写真用紙(光沢)(旧名称"PM写真用紙"),MC写真用紙(半光沢)等
  • フォトプリント紙2
  • スーパーファイン専用紙
  • 普通紙

こんな感じです.

 ところがこのうち,「フォトプリント紙2」の選択肢は,PM-900C のドライバにはあって,PX-G900 のドライバには
なくなっています.ヘルプによると,「フォトプリント紙2」は「スーパーファイン専用紙」の設定で使えということになってるんですが,これだと PX-G インク(8色)の中の"グロスオプティマイザ(インクというよりは透明樹脂コーティング)"の設定がオフになってしまいます.つまり平滑処理が行われないわけで,同じ画像をフォトプリント紙2
に印刷した場合,PX-G900 に比べて明らかに PM-900C の方が光沢感がある印刷となります.

 エプソンとしては,今後写真印刷向けには,紙はすべて"写真用紙"を使ってくださいということなんでしょうが,純正の場合,用紙サイズのバリエーションが,L, 2L, キャビネ(秋から新規に発売),A4 という系列で,L と 2L の間が空き過ぎてるんですよね.人に見せたりモデルさんに上げたりするのには,はがき(ほぼ A6)サイズがちょうど良かっただけに,ちょっと残念です.

まぁ,ドライバの設定をいじれば,PM-900C 並みの印刷結果になるのもしれませんが,ちょっと気になったので書いてみました.

[プリンタ] | Permalink

プリンタ」カテゴリの記事

Comment

コメントを書く