« キヤノン PowerShoto G3 | Top Page | トランセンド TS1GFLASHCP 30倍速 »

February 08, 2003

キヤノン EF50mm F1.4 USM (2)

■ AF 駆動ユニット交換

 2001年半ばくらいからなんとなく渋るような感じがあったのですが,2002年秋,はっきりと AF の駆動が遅くなったのがわかるようになってしまい,修理に出しました.
 今では 85mm とそのポジションを変えて,使用頻度が最も高いレンズになっているので,レンズの中の埃というかゴミも結構なものに(^^;) ついでにオーバーホールも依頼したのでした.

 交換された部品は予想通り「AF駆動ユニット」でした.期間は 1V のオーバーホールと同時に出したので,約2週間.覚えとして,料金を書いておきます.

修理区分重修理
技術料金13,000
部品代金4,600
差額調整▲4,600
13,000
消費税相当額650
修理料金合計13,650

 差動機構を採用したこのレンズの AF 駆動ユニットがあまり頑丈でないのは,ユーザーの中では比較的良く知られたことですが,そのせいで「差額調整」なんですかね?

[レンズ(標準&中望遠系)] | Permalink

レンズ(標準&中望遠系)」カテゴリの記事

Comment

コメントを書く