« 久米島撮影旅行1日目 (3/3) | Top Page | 久米島撮影旅行2日目 (2/3) »

October 10, 2009

久米島撮影旅行2日目 (1/3)

■天気晴朗でなく,風強し

久米島2日目.朝から半端でない強風が吹き荒れている.

01_palmtree

■罰ゲーム?

02_board

今日の撮影は,久米島の東の沖合いに浮かぶ砂州へ.この砂州は全長7kmもあり,「はての浜」「中の浜」「前の浜」に分かれている.我々が目指したのは,一番東の果ての一番大きな「はての浜」である.前夜ここへのツアーはかなりタフなものだと聞かされていて,それなりに準備をしていったのだが,その船旅は実際には想像を超えるものだった.

03_boat

船は漁船に毛の生えたようなもので,屋根などはない.一隻に20人くらい詰め込まれて出航である.今日の天候は,はげしく曇り,いつ降り出してもおかしくない感じで沖に出ると風も強い.水面下そこかしこにリーフが見受けられるので完全に外海というわけではないのだろうが,そんなさんご礁の海も波頭が白く崩れている.兼城港を出て海の色が深い緑色に変わったら,船は速度を上げていき,荒れ気味の海面を跳ぶように走っていく.というか,実際に跳ねていた(^_^;) しっかりつかまっていないと振り落とされるのではないかと思うほど,ゆれる,ゆれる.おまけにジャンプした船が着水するときに起こす波が容赦なく乗客にもふりかかるのである.

着席した場所にもよるが,僕のように比較的船の後部で艫に近いところに座っていたメンバーは着いた時(所要時間約20分)には,頭のてっぺんから胸のあたりまでずぶ濡れだった.まるで罰ゲームのような船だった・・・(・_・;) これがまだ気温が高い日ならばいいだろうが,この日は楽観的に見ても多分25℃を割っていただろう.風もあったので濡れたところは寒い.この4年連続で10月の沖縄に来ているのだが,濡れて寒いと思ったのは初めてだった.

04_sayaka_nkana_t2009101001
(@行きの船)


普通なら上陸したら「さぁ,撮影だっ!」と気合が入るところなのだが,この日ばかりは震えているモデルの2人を急かす気持ちにはならなかった.


05_hatenohama
(はての浜)

はての浜は東シナ海にぽっかりと浮かんだ大きな砂浜だけの島だけに,風を避けるところはまったくない.(レンタルのビーチパラソル以外,日差しを避けるところもないので,天候が良ければ,白い砂浜のせいもあって紫外線の量は通常の30倍だそうである.) そんな島でも風の弱いところを探しながら,撮影を開始した.

Sayaka_n2009101001
Sayaka_n2009101002
Sayaka_n2009101003
Sayaka_n2009101004
Sayaka_n2009101005
Sayaka_n2009101006
Sayaka_n2009101007
Sayaka_n2009101008
Sayaka_n2009101009
Sayaka_n2009101010
Sayaka_n2009101011
Sayaka_n2009101012
Sayaka_n2009101013
Sayaka_n2009101014
Sayaka_n2009101015
(モデル:西山さやか)


今回僕が撮影できた唯一のツーショット.

Sayaka_nkana2009101002
(モデル:高橋加奈&西山さやか)


本来のツアースケジュールでは,14:00 に久米島に戻ることになっていたのだが,この日は多くの人が寒さに耐え切れなかったのだろう.ツアー参加者全員が希望して1時間早い帰島となった.帰りは風向きが逆なので,行きよりも少しだけかかる波が少ないような気がしたが,やっぱり罰ゲームであることには違いなかった(^_^;)

「はての浜」は,天候がいいと間違いなく素晴らしいところなんだろうと思う.ただいかんせん,今回は気温も低かったし,風もべらぼうに強かった.よけようがないので,趣味の撮影の短い日程の中で撮影地にするには,リスクが大きすぎる感じだ.次回久米島に来ることがあれば,天候の悪いときには「はての浜」にこだわらず,久米島本島でもっといいビーチを探したほうがいいだろう.

[ミス湘南 2009] | Permalink

ミス湘南 2009」カテゴリの記事

Comment

コメントを書く