« ミス湘南水着大撮影会@平塚 | Top Page | ZARD の坂井泉水さんが転落死 »

May 26, 2007

ケータイ機種変更(3) - おサイフケータイ編

 P903i は NTT ドコモのメイン機種であるから,「おサイフケータイ」に対応している.上に載るサービスはいろいろあるが,ベースになっているのはソニーが開発した非接触型 IC カードの技術方式 FeliCa だ.

 FeliCa を利用した代表的なサービスとしては Suica,Edy 等があって,それぞれ独立したカードやクレジットカードに組み込まれたものがあるが,当然こういったカードは発行者が最初から想定したサービスしかセットできない.それに対し「おサイフケータイ」の場合,後から使用者がアプリケーションを追加することによって,別のサービスを同じ端末に追加出来るのが大きな特徴だ.

 ちなみに僕の P903i には,モバイルSuica,Edy,iD,がインストールされていて,今日 nanaco がその仲間に加わった.

 nanaco こそ今日から使い出したのだが,それ以外は携帯を換えてから約半年使ってきたので,簡単にその使い勝手を書いてみようと思う.

 モバイルSuica は言うまでもなく JR に乗るためにカード型 Suica から移行したわけだが,3/18 から PASMO との提携サービスが始まったので,電車に乗る分にはこれだけあれば困らなくなった.加えてエキナカに限らずエキチカ,エキソバと多くのショップで使えるようになってきたので,僕が一番使っている電子マネーというとこれになる.

 チャージ残額は電車に乗ることもあり,平均として 5,000円くらいは入っていることが多い.モバイルであることの利点はバッテリーが残っていて電波さえ入れば,いつでもどこでもチャージできるというのはあるが,それでも 3,000円を切ると 5,000円チャージするという感じでチャージしているかな.自宅~平塚を往復すると約 4,000円かかるし,ちょっと本を買えば 1,500円くらいかかるので,これくらいは入れておきたいのだ.

 買い物では JR のコンビニ NEWDAYS,KIOSK,品川駅構内のショッピングモール等では,ほぼ 100% Suica で払っていると思う.ああ,一番使っているのは,ホーム上の自販機で飲み物を買うときだろう.電車に乗る前に 120円とか 150円の小銭を出すのは結構面倒だからね.

 次の Edy は,モバイル Suica に比べると,使うチャンスがかなり少なくなる.am/pm なら全店舗対応しているようだが,うちの周りにはほとんどない店だし,サンクスはあるが通勤ルートから離れていて余り利用する店ではないのだ.携帯上で Edy 決済する必要があったのでインストールしたというのが本当のところ.あとは時々利用する Pronto で使うくらいだ.今見たら残額は千円ちょっとあった.

 iD はこの中では唯一のクレジット.某書店で2~3回使ったきりだが,今サイトで調べてみたら,ヨドバシでも使えるみたいだ.Edy と同じように am/pm とかでは対応レジを見るが,うちの近所ではあのマークを見たことがない.近くのデイリーヤマザキが対応してくれればいいのにな.

 さて最後はニューフェイスの nanaco.セブンイレブンは関東一円に満遍なく店舗があるので一番使いやすそうだが,唯一この nanaco だけが通信でのチャージに対応していない.実店舗でのチャージをする必要があるわけだ.公式サイトでは忙しい人がスピーディに支払うために,nanaco を使って欲しいとあるが,朝の忙しい時間しか利用しない人にとっては,結局は何回かに1回はレジでチャージする時間がかかるわけで少し疑問が残るところだ.

(今朝うちの近所のセブンイレブンでチャージしてもらった時の感じ.埼玉では 5/14 からサービスインしたにも関わらずアルバイト店員も良く教育されていて,チャージにかかった時間は非常に短かった.『nanaco にチャージして,それから払います.』っていってから,支払い処理が終わるまで10秒はかからなかったくらいだ.)

 今後セブン&アイ HLDGS. と提携しているクレジットカードサービスとの紐付け等も考えられているのかもしれないが,後発であるがゆえに,シンプルにプリペイド電子マネーとしてだけのサービスで行くのかもしれない.それこそ中の人はいろいろ考えているんだろう.

 正直僕自身もどれほど使うのかわからないが,今 nanaco にチャージすると,特典として 200ポイント(=円)くれるというので,それ目当てで最低金額の 1,000円 だけチャージしたのであった(笑)

 こうやって見直してみると,結局僕の場合,ほとんどモバイル Suica しか使っていないことがわかった.これは普段の僕の行動範囲の中に,Edy や iD に対応している店舗が少ないことが原因だろう.モバイル Suica にしたって,平日の出張や土日の撮影で電車に乗ることがなければ,それほど使わないだろうけどね(^_^;)

 ただこの P903i に機種変更する前までは,これだけおサイフケータイ機能を使うとは思っていなかったことも確かで,機種選びの条件の中に"おサイフケータイ"対応は入っていなかった.関東近辺に住んでいる限り,今後この機能がないというのは考えられないので,次回の機種変更の際には"おサイフケータイ"対応はマスト条件であることは間違いない.

 きっと1年後にはこの電子マネーを取り巻く環境も大きく変わっているだろう.次回携帯を切り替えた頃(905i への機種変更時?)に同じように状況をチェックしてみたい.

■参考記事
JR東日本の「モバイルSuica」、会員数が50万人突破


[ガジェット, 携帯・デジカメ] | Permalink

ガジェット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comment

コメントを書く