« 東京ディズニーリゾート・アンバサダー | Top Page | 2006年度ミス湘南募集 & ミス湘南水着大撮影会スケジュール発表 »

January 12, 2006

トラックバックポリシー

 ここ1ヶ月くらい某記事の影響で,ココログのトップページや検索サイトから,たくさんの方にこのサイトを訪問いただいている.
 それはそれで非常に嬉しいことなのだが,とたんに増えたのが,トラックバックスパムとコメントスパム(とそれに準ずると私が思えるもの)?!

 書いてくるほうはアクセスの多いページに無差別に狙い撃ちしてくるのだろうが,うちのページなんか,多くてもせいぜい 500PV/日 くらいしかない.意味はない,無駄弾である・・・(笑) だからといって,そういうのを野放しにするつもりはなく片っ端から削除していくので,そのおつもりで.

 削除されたほうで「なんで削除されるの?」と思う人もいると思う.
 良い機会なので,僕の今開設しているブログ(& 将来開設するかもしれないブログ)に関して,トラックバック・ポリシーを掲げておく.なおコメントに関しても,これに準ずるものとする.

 参考にしたのは,"トラックバック・ポリシーを作ろう。ルールやマナーに悩む人のための作成ガイド【絵文録ことのは】"である.

【Breeze from the beach / Canon EOS Blog のトラックバック・ポリシー】

基本

  • このサイトへのトラックバックは原則自由ですが,削除することもあります.
  • トラックバックは関連記事からであればうれしいです.
  • 内容に関係があってリンクもしている記事からは,トラックバックを遠慮せずにできるだけしてほしいです.
  • ここで挙げたポリシーは自分自身にも当てはめます.自分が消すようなトラックバックは他人に送信しません.

礼儀・挨拶

  • トラックバックをする場合に事前に連絡をしたり,許可を求める必要はありません
  • 知らない人にいきなりトラックバックを送るのは問題ありません
  • トラックバックをしましたとコメント欄に書かないでください.
  • トラックバックをいただいた場合,相手記事にコメントをすることもあります.
  • トラックバックへのトラックバック返しは必要ありませんが,トラックバックを受けたとき,トラックバック返しはすることもあります.
  • こちらからのトラックバックに対する挨拶やお礼は必要ありません.
  • 多重トラックバックの削除依頼はしないでください.こちらで勝手に削除します.

削除対象

  • 当方が受けたトラックバックは削除することがあります.
  • texas holdem などの機械的・大量のトラックバック spam 広告は削除します.
  • 当方へのリンクの有無に関わらず,内容に関係がない記事からのトラックバックは削除します.
  • 当方へのリンクの有無に関わらず,内容に関係がある記事からのトラックバックも削除することもあります.
  • 誹謗中傷など悪意ある記事からのトラックバックは削除します.
  • 反対意見・反論が書かれている記事からのトラックバックは削除することもあります.
  • こちらからトラックバックやコメントをつけられないサイトからのトラックバックは削除することもあります.
  • リンク元サイトの性質によってトラックバックを削除することがあります.
    ※削除するサイトの性質{アダルト/エロ/グロ/モロ/テロ/反社会的/政治的/マルチ商法/宗教/犯罪を促す/2ちゃんねる/ゴッゴル等SEOコンテスト/人気ブログランキングへの誘導/商売サイトからの宣伝/アフィリエイトが主たる目的/自分のポリシーと反する/その他}
  • トラックバックのエラーによる重複,トラックバックツールが原因でサイトの表示が乱れる場合は削除します.
  • トラックバック元にアクセスできない場合は削除します.
  • その他,管理人が削除しようと思ったという理由以外の理由なく削除することがあります.

 簡単にいうと「どんなトラックバックもコメントも,僕がまずいと思ったら,削除しますよ.」ということだ.

 僕自身は,ブログにおけるトラックバックやコメントというものは,庭先で犬がマーキングしていくような行為だと思っている.(あまり綺麗なたとえではなくて申し訳ない(^_^;)
 その臭いを嗅いで,「あそこの家には,きれいな雌犬がいる」,「おいしい餌がある」,「あそこのボス犬には近づかないほうが良い」といったそれなりに有用な情報へ繋がっていれば,こちらへのリンクがあろうがなかろうがあまり気にはしない.
(そういう意味では,僕は言及リンク文化圏の端っこ,関連リンク文化圏寄りの住人であるといえるだろう.→参照:"トラックバックをめぐる4つの文化圏の文化衝突――「言及なしトラックバック」はなぜ問題になるのか【絵文録ことのは】")

 ただこのマーキング,「おいしそうな餌だと思って行ってみたら,実は猛獣」みたいな罠があちこちにある.この罠に自分自身がはまる分には自己責任だから構わないのだが,うちの庭は大通りに面している上に生垣だから,幼犬も猫も容易に入ってこれるのだ.

 うちからたどっていったリンク先で,お客さんが罠にはまってしまうのでは寝覚めが悪い.それを防ぐために庭を綺麗にしておくのは管理人である僕の責任だと思うのだ.

 そんなわけで,ここでは『俺がルールブック』なのだ?! そこんとこよろしく?!

[My Web Site, ウェブログ・ココログ関連] | Permalink

My Web Site」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

Comment

コメントを書く