« October 2005 | Top Page | December 2005 »

November 27, 2005

鎌倉日和

 今日は,ACCESS で YUKA ちゃんを連れて,鎌倉へ出かけてきた.彼女をもうかれこれ8年以上も撮り続けているわけだが,今回が初の鎌倉での撮影!人間,長生きはするものだ・・・(^_^;)

 素晴らしい天気に加え,11月の下旬としてはとても暖かい日,少しだけ期待していた紅葉もちらほらと見られ,とても楽しい撮影行であった.

yuka-20051127-03
yuka-20051127-04
(モデル:YUKA)

[ACCESS] | Permalink | Comment(0)

November 13, 2005

SGP 信州紅葉撮影会 その2

 2日目の信州撮影会,天候は晴れ.朝食時ペンションの玄関の温度計を見たら,外気は 1℃ である.さすがにかなり寒い.

20051113-01

 それでも太陽のパワーは凄い.風もなかったこともあり,出発する頃には 12℃,昼時には 17℃ まで上がり,格好の撮影日和となった.

20051113-02

 ちなみに今回の信州撮影会,宿は原村の内藤ペンションにお世話になった.暖かいもてなしとおいしい食事に加え,ナイトセッションでは,快く部屋以外の撮影場所を提供してくださった.この場を借りてお礼を申し上げておきたい.

20051113-03
(内藤ペンション)

 今日の撮影は,ペンションから車で数分のところにある八ヶ岳中央公園近傍にて行った.
 素晴らしい天気だということは,撮影する側のテンションは上がるわけで,3人のモデルさんにはちょっとハードだったかも?(笑)

 まぁ,さすがにカメラマン側に比べれば,全然若い彼女達,短い休憩時間にアスレチックにチャレンジしてたくらいだから,集中した撮影でへばっていたおじさん達よりは,全然元気だったようである・・・(^_^;)

haruka-20051113-01
(モデル:沓名春佳)

tomoko-20051113-01
(モデル:長野智子)

maya-20051113-01
(モデル:羽角麻矢)

 2日間とも天候には恵まれたこともあり,いろいろなハプニングを補ってあまりある素晴らしい撮影旅行であった.


 帰りは,現地を 15:05 発.行きと同じく,北周りコースを選択.佐久市街地に入るところまでは,まるでプライベートサーキット状態(笑)であったが,佐久 IC 入り口辺りで最初の渋滞にあたった.
 なんとか明るいうちに高速に入れたが,IC 入り口で既に「吉井 IC ~ 花園 IC 間渋滞 30km」の表示.加えて VICS 情報が十分でないからだろうか,ナビには表示はされなかったが,下仁田辺りも流れが悪く,何回か完全停止してしまった.

 まぁそこを抜けた後はまた流れ出したので,運転していてもそれほど苦痛ではなかった.それよりも休日夕方おなじみの花園 IC 基点の渋滞の対策が難しい,
 今回は高速から降りる選択はしなかった.下へ降りても下の流れも悪いことは,過去の経験上百も承知だからだ.30km 程度では,我慢して渋滞の中を走るしかない.

 結局この渋滞のおかげで,流れていれば 15分くらいで通過できる区間を抜けるのに,1時間程度かかり,最終的に自宅に着いたのは,7時5分前.所要時間 3時間50分であった.

[ミス湘南 2005] | Permalink | Comment(0)

November 12, 2005

SGP 信州紅葉撮影会 その1

 昨夜ペンションから書き込もうと思わないではなかったが,mova では繋がるものの AIR-EDGE が圏外だったので,あきらめた.さすがに 11,520bps くらいの接続速度では,画像をアップするのは辛いのである.(このエントリは,11/13 夜に書いている)

 さて心配された天候だが,集合時刻の 12:00 頃にはこのくらい晴れていた.

20051112-02

 マイクロバス組と合流後,昼食をとり,白樺湖へ移動.まず1日目午後の撮影だ.

maya-20051112-01
(モデル:羽角麻矢)

 戻った白樺湖はやはり寒かったが,風があまりなかったので,2時間弱くらい撮影出来たのは幸運だった.とはいっても,さすがに八ヶ岳高地.3時を過ぎると,急速に日も陰り,気温も下がってきたため,撤収して宿へ向かう.

 バスがなかなかペンションにたどりつかない(笑)とか,いろいろハプニングはあったが,夕食後は恒例のナイト撮影である.
 モデルさんもこういったパターンでの撮影は初めてのようで,最初はとまどいがあったようだが,撮影が進むにしたがって乗り乗りになってくるのが表情に見てとれて面白い.
 今回出演してくれた3名のモデルさんをそれぞれ1枚ずつアップしておくが,すべてベッドルームでのものなのは,ここでしか撮影していていないからではない.実際は会員が3箇所に分かれていろんなセッティングをしているのだ.
 ただ今回は個人的にあまり動く余裕がなく,ほとんどベッドルームの主になってしまったのであった・・・(^_^;)

haruka-20051112-01
(モデル:沓名春佳)

tomoko-20051112-01
(モデル:長野智子)

maya-20051112-02
(モデル:羽角麻矢)

[ミス湘南 2005] | Permalink | Comment(0)

信州到着

 今日は,SGP の定例撮影会で,信州諏訪市へ来ている.ただ集合時刻は 12:00 なので,時間を持て余して,こうやって書き込んでいるわけだ.

 うちからここまで来るには,北周り,南周り,高速をフルに使う,一部使う,全く使わないとか,いろんなルートが考えられるが,今朝は,上信越道佐久 IC 経由の北周り,少しけちけちコースを選んだ.時間的には,中央道経由南周り,もしくは上信越道~長野道~中央道北周りコース(距離はかなりあるが,ほとんどが高速道路といって良い)が早いだろうが, 朝早く出ることもあり,何も JH に無駄に上納金を納めることはなく,佐久ICから白樺湖岸を経由して,諏訪まで来たわけだ.

 距離にして約 185km,ナビがはじき出した所要時間は,3時間22分だったが,途中それほど飛ばしたわけではないのに,2時間40分で着いてしまった.途中2回も休憩もしたし,高速を降りた後は結構なワインディングが続くのだが,出てくるときの雨と,女神湖周辺の霧以外は,快適なドライブであった.

20051112-01

 写真は,8:30 の白樺湖.天候は曇りというか,霧・・・(^^; 気温は 3℃ で結構寒かった.集合後午後はここへ戻るのだが,果たしてこの天候はどれだけ回復しているのだろうか?

[ミス湘南 2005] | Permalink | Comment(0)

November 03, 2005

冬支度完了

 朝晩めっきり冷え込むようになってきたので,車の冬支度をすることにした.とはいっても,そんな大げさなことではなく,夏タイヤをスタッドレスタイヤへ,オイルを若干柔らかいものへ交換しただけである.

 僕が住んでいる埼玉県のこの地域では,11月は,まだまだ雪が降ったり,路面凍結をする時期ではない.そもそも雪が降ること自体年に7~8回程度しかないし,そのうち走行に支障を来たすほどの積雪や凍結というと,その半分の3~4回あれば多いほうだ.

 またその走行に支障を来たす積雪の1回目は,(今年もそうだったように)大概年明けに来るので,山沿いに住んでいるとか,スキーに行くとかでない限り,車を冬仕様にするのは年末で十分なのだ.

 もちろん,車通勤だからといって僕のようにスタッドレスタイヤに履き替えるのは,どちらかというと少数派かもしれない.「雪が降ったら,車は乗らない(雪の日だけは公共交通機関を使う)」と割り切っていたり,「降ればチェーンを巻く」といった人もいるから,年間を通して夏タイヤで通す人が6割か,7割くらいではないだろうか.

 それでも,20年以上前僕が社会人になった頃に比べれば,冬タイヤの使用率は格段に上がっている.当時は,まだスパイクタイヤの使用が認められていたので,本当の寒冷地の車はスパイクタイヤを履いていたし,僕らのような中途半端な地域に住む休日スキーヤーは,もっぱらチェーンを使っていた.よく友人たちとチェーンを「どれだけ短時間で巻けるか」という競争をしたものだ.当時主流だった金属チェーンなら,巻くだけなら片輪一分強で巻けたような記憶がある.

 やっぱりこういうのって手早いほうが格好良いし,女の娘受けもよい.チェーンを付けるということは,誰かが降りてドアを開けるということなので,もたもたしているとせっかく温まったキャビン内の温度は急降下してしまうからである.(普通はエンジンを止めてしまうから,空調も止まるのでもっと悲惨である.) 理想は,寝ている女性陣が気づかないうちに,チェーン装着して走り出す.やっぱ,これなんである(笑)

 『シュー』 (停車)
 『カチャ,スタ』 (ドアを開け,チェーン装着要員が降りる)
 『カチャ,シュタッ,ドン』 (トランクを開け,チェーンを取り出し,トランクを閉める)
 『ガシャガシャ』 (チェーンを路面に広げる音)
 『ブン,カチャカチャ』 (少し前進)
 『シャリン,ガチャガチャ』 (チェーンをタイヤにかぶせる)
 『ギュギュギュ』 (ステアリングを切り込む)
 『カシ』 (チェーンの内側のフックをかける)
 『ギュギュギュギュ』 (ステアリングを逆に切り込む)
 『カシ』 (チェーンの内側のフックをかける)
 『ギュギュ』 (ステアリングを中立に)
 『カチャカチャカチャ』 (外側のフックにテンション用のゴムをかけ,バランスをとる)
 『カチャ,ドン』 (ドアを開け,乗り込む)
 『ブォーン』 (出発)

 理想的なコンビであれば,ここまで5分かからなかった.チェーン装着要員が2人いれば,もっと短縮できそうだが,実際にはタイヤの内側に来るチェーンのフックを引っ掛けるために,ステアリングを切り込む時間があるため,それほど差は出ないのだ.この点からいうと,ステアリングを切り込まなくても,構造上ホイールハウスの内側に楽に手が入るような車のほうが作業時間は短かった.

 安全の面では,エンジンを停止し,必要な時には輪止めをかけて,作業をするのが理想だが,当時僕も含めうちの仲間が乗っていた車は 100% マニュアルミッションだったし,そんなかったるいことはしなかった.
 スキー人口が最も多かったと思われる 1990年頃,ハイシーズンの群馬や長野の山奥の路側帯に,チェーン装着車がずらっと並んでいたものだったが,中にはジャッキアップまでして,チェーンをつけている車も少なくなかった.僕らはその列の後ろにつけ,ささっと作業を終えて,寒そうに男達のおぼつかない作業を見守る女性達を尻目に,先に出発するのをこよなく愛していたのだ(笑)

 時代は変わり,スパイクが禁止され,車で行くスキーヤーは普通スタッドレス装着になった昨今では,そんな楽しみもなくなった(^^;が,スタッドレスに慣れてしまった僕らにとっては,逆に雪だからといってチェーンを巻くという作業が逆に苦痛になってしまったのだ.
 加えて雪面上での夏タイヤと冬タイヤの安定性の違いというのは大きく,一度4輪スタッドレスの感覚に慣れてしまうと,夏タイヤはいうまでもなく,チェーン装着タイヤでさえ不安定さは耐え難く,あまり自分の車ではスキーに行くこともなくなってしまった最近でも,冬場はちゃんとスタッドレスに履き替えることにしている.

 話がすごく脱線してしまったが,今回の冬支度に話をもどそう・・・(^_^;)

 まず日曜日に車を点検していたら,右側のドライブシャフトのアウターブーツが切れているのを発見.6月に左側を交換しているので,そろそろと思っていたら案の定である.まだ少しグリスが残っていたので,今すぐ走れなくなることはないが,このまま放って置いてドライブシャフトにガタが出だすと大事になる.即なじみのサービスマンに電話をして,部品を取り寄せてもらうことにする.

 今日電話があり,部品が入ったということなので,さっそく工場へ持ち込んだ.

 ブーツ交換ということになれば,タイヤも外すわけで,この際,タイヤもスタッドレスに交換してもらうことにする.先に書いたように,うちの近所だけ走っている分には随分気の早い交換ではあるが,来週末信州に出かける予定なので,念のためである.
 後で自分で交換しても良いのだが,タイヤ交換と言うのは,かなりの時間と体力を使う(^_^;)ので,今回は楽することに決定したのだ?!

 Eg オイルの方は,前回交換してから走行距離にしてちょうど 3,000km.もう少し引っ張れる距離ではあるが,過去2回のオイル交換でフィルターを交換していなかったのと,この夏結構高速走行が多かったのを考慮して,交換することにした.

 前回入れたのは,10W-30 だったので,今回は少し奢って 5W-40 にしてみたが,多分差には気がつかないだろう・・・(^_^;) 少なくとも,今ディーラーから帰ってくる間にはわからなかった.

[] | Permalink | Comment(4)